スイスFerring Pharmaceuticals社と米Blackstone Life Sciences社は、2019年11月25日、共同で5億7000万ドルを投資し、ウシ型弱毒結核菌(BCG)療法に反応せず、かつ、悪性度が最も高い、筋層非浸潤性膀胱癌に対する遺伝子治療であるnadofaragene firadenovec(rAd-IFN/Syn3)の商業化を目指すと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)