リボミック、滲出型AMDのPIIbは2020年3月期第3四半期の開始を予定

 リボミックは2019年11月22日、2020年3月期第2四半期の決算説明会を開催した。中村義一社長は、主力パイプラインである滲出型加齢黄斑変性(wet AMD)を対象とした「RBM-007」(開発番号)について、「順調に進めば、2020年3月期第3四半期中に米国でのフェーズIIbの患者登録を始められる」との見通しを示した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)