オンコセラピー、解析受託事業の売上高が半期で約1億円に

 オンコセラピー・サイエンスは2019年11月26日、東京都内で2019年度第2四半期の決算説明会を開催した。藤谷京子社長はがん遺伝子の解析と癌免疫療法の解析を行う「癌プレシジョン医療関連事業」が大幅に伸び、売上高が前年同期に比べて4倍以上となる約1億円を達成したことを報告した。ネオアンチゲンの医療機関向け解析受託が好調だった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)