熊本大勝田氏ら、遺伝子発現制御する核酸医薬の新規モダリティ開発中

(2019.11.28 08:00)1pt
久保田文

 アンチセンス、siRNA、アジュバント(CpGオリゴ)など、核酸医薬のモダリティの多様化が進んでいる。最近では、内在性の酵素を利用して、RNA編集を誘導する核酸医薬の開発も本格化している。熊本大学大学院先端科学研究部の井原敏博教授、勝田陽介助教らの研究チームは、約2年前から「Staple核酸」と呼ばれる、内在性の酵素などを介さずに、遺伝子発現を制御する核酸医薬の新規モダリティの開発に取り組んでいる。2019年10月8日、井原教授、勝田助教らが本誌の取材に応じた。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧