米Gladstone研究所は、2019年11月20日、マシンラーニングを利用して、iPS細胞集団の空間的構成を制御する手法を編み出した。iPS細胞から臓器作製への一歩を踏み出したといえる。研究成果は、Cell Systems誌のオンライン版に2019年11月20日に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)