東芝、血中マイクロRNAで13種類の癌を99%精度で検出する技術を開発

東レなどより「高精度かつ網羅的に癌を検出できる」
(2019.11.25 08:00)1pt
坂田亮太郎

 東芝は2019年11月25日、1滴の血液から13種類の癌を99%の精度で検出する技術を開発したと発表した。血液中のマイクロRNAを検出する東芝独自の技術を活用することで、採血から2時間以内に癌の罹患の有無を識別できるとしている。東京医科大学や国立がん研究センターとの共同研究の成果で、2020年から実証実験を始める。検査費用は2万円以下を想定しており、数年以内の商用化も目指す。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧