小野薬品、メディシナルケミストの勘と経験をAIがサポート

 機械学習を自動化するプラットフォームを提供する米DataRobot社が主催したイベントAI Experience2019 Tokyoで、小野薬品工業の医薬品化学研究部と創薬基盤研究部に所属する小田晃司主任研究員は、創薬研究に人工知能(AI)を活用した事例を紹介した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)