中国BeiGene社は、2019年11月14日、画期的医薬品に指定されていたBTK(ブルトン型チロシンキナーゼ)阻害薬「BRUKINSA」(zanubrutinib)について、マントル細胞リンパ腫(MCL)で1レジメン以上の前治療を受けた成人患者の治療薬として、米食品医薬品局(FDA)から迅速承認を取得したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)