政府、AMEDに調整費2回目を配分、ゲノム関連に79.8億円配分

(2019.11.18 08:00)1pt
寛和久満夫=科学ジャーナリスト

 健康・医療戦略推進本部は2019年11月14日、日本医療研究開発機構(AMED)向けに予算確保していた調整費89.2億円について、新たに配分先を決めた。79.8億円がゲノム・医療データ基盤構築のために配分され、残り9.4億円は認知症研究や再生医療、橋渡し研究などに配分されることになった。第1回目の調整費は7月に80.2億円が配分されており、今回は第2回目となる。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧