東芝は2019年11月11日、信州大学と共同で生分解性リポソームを使って癌を対象にした遺伝子治療の共同研究を始めたと発表した。国内外で臨床開発が進む遺伝子治療は、遺伝子を目的の細胞に運ぶウイルスベクターの製造や安全性確保が課題となっている。東芝は独自に開発したナノサイズの生分解性リポソームを活用することで、ウイルスを使わない治療遺伝子の運搬手段を提供する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)