東大の佐藤守俊教授ら、Cpf1を2分割したCRISPRツール開発

 東京大学大学院総合文化研究科の佐藤守俊教授らは、オフターゲット作用がCRISPR/Cas9よりも少ないゲノム編集システムCRISPR/Cpf1のCpf1蛋白質を2分割することにより、高精度のゲノム編集や高効率の標的遺伝子発現活性化を行えるツールを開発した。研究成果の論文はNature Chemical Biology誌にて2019年8月12日(英国時間)にONLINE掲載された。なお、Cpf1は現在ではCasシリーズの分類にてCas12aと呼ばれることが多い。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)