異種移植臓器を開発する米eGenesis社、ゲノム編集ブタ腎の臨床開発へ

(2019.11.15 08:00)1pt
川又総江

 ゲノム編集技術CRISPR/Cas9を用いた異種移植臓器の開発を手掛けるeGenesis社は、2019年11月7日、シリーズBラウンドで1億ドル(約109億円)を調達したと発表した。調達資金を活用し、ヒトへの移植可能性が示されたブタ腎の臨床入りに向けて開発を加速するとともに、他の異種臓器の開発プログラムを推進する。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 好評!「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧