武田薬品工業と米University of Texas MD Anderson Cancer Center(MDACC)は、2019年11月5日、キメラ抗原受容体(CAR)発現ナチュラルキラー(CAR NK)細胞治療に関する独占的ライセンス契約、並びに共同研究契約を締結したと発表した。MDACCのCAR NK 基盤技術を活用し、CD19標的CAR NK細胞治療を含む最大4品目のプログラムの推進で協力する他、新たな標的でのCAR NKプログラムの発展に向けて共同研究する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)