阪大岡田氏ら、関節リウマチ患者の腸内微生物を解析、特定菌種が増加

 大阪大学大学院医学系研究科遺伝統計学の岡田随象教授、博士課程の岸川敏博氏は、関節リウマチ患者と健常者から採取した便中の腸内微生物のメタゲノム(全DNA)を解析する研究を実施した。その結果、関節リウマチ患者の腸内でPrevotella属の複数の菌種が有意に増加していることが明らかになった。研究成果は、2019年11月8日、英Annals of the Rheumatic Disease誌に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)