中国Shanghai Green Valley Pharmaceuticals社は、2019年11月2日、中国国家薬品監督管理局(NMPA)が、同社の「Oligomannate」 (GV-971:sodium oligomannurarate)を軽症から中等症のアルツハイマー病(AD)患者の認知機能向上を適応症として承認したと発表した。2019年内に発売される見込みだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)