米Dicerna Pharmaceuticals社は2019年10月31日、同社専有のRNA干渉薬(RNAi)基盤技術「GalXC」を活用し、スイスRoche社と共同でB型慢性肝炎(HBV)治療薬を開発すると発表した。Roche社は、Dicerna社がフェーズIまで進めているRNAi候補DCR-HBVSの全世界的独占権を取得する。同契約に伴う取引は、現在、米国独占禁止法(HSR法)に基づく待機期間中だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)