第一三共、癌治療用ウイルスは製造体制が整わず承認申請が遅延

2019年度上期は増収・増益で通期業績予想を上方修正
(2019.11.06 08:00)1pt
三井勇唯

 第一三共は、2019年10月31日、2020年3月期第2四半期の決算説明会を開催した。同社の眞鍋淳社長は、同社が研究開発に注力する抗体薬物複合体(ADC)の治験薬などの製造量を増やすため、2020年度から2022年度にかけて新たに1000億円以上の設備投資を行う方針を示した。また、古賀淳一グローバルR&Dヘッドは、同社が2019年度上期に日本で承認申請を予定していた腫瘍溶解性ウイルス(癌治療用ウイルス)のDS-1647(G47Δ)について、承認申請が遅れていることを明らかにした。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「多様化する核酸医薬のモダリティ」
    2019年11月21日(木)開催!核酸医薬の研究開発が世界的に本格化。モダリティの多様化も進んでいる。日本発の核酸医薬が、果たして世界市場で存在感を示すことはできるかーー。その可能性を探る。
  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧