日経「NEXTユニコーン調査2019」、バイオ関連スタートアップは34社

 日本経済新聞社は2019年11月4日、2019年の「NEXTユニコーン調査」の結果を発表した。1位に輝いたのは深層学習技術の産業活用にフォーカスしているPreferred Networks(東京・千代田、西川徹社長)で、推計企業価値は3515億円となった。対象となった181社のうち、バイオ関連と見なせるスタートアップは34社だった(記事最後にバイオ関連のスタートアップの企業名や推定企業価値を表で示した)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)