二重特異性全長抗体「Biclonics」を開発しているオランダMerus社は、2019年10月27日、早期アクセスプログラムを通じて、二重特異性抗体であるMCLA-128の投与を受けた、NRG1融合遺伝子を有する3例の癌患者からこれまでに収集された臨床データが、AACR-NCI-EORTCの分子標的・癌治療国際会議で報告されたことを明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)