英GlaxoSmithKline(GSK)社と国際エイズワクチン推進構想(IAVI)は、2019年10月29日、結核予防ワクチンの候補品であるM72/AS01E(GSK692342)のフェーズIIb(TB-018試験、NCT01755598)を完了し、最終解析結果を発表した。ワクチン接種後の追跡評価期間が3年に達し、追跡2年後の中間解析で確認されていた予防効果が持続した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)