アステラス、HIF-PH阻害薬「エベレンゾ」は薬価について交渉中

 アステラス製薬は、2019年10月31日、2019年度第2四半期の決算説明会を開催。開発品の進捗やRx+プログラムの進展などについて、安川健司社長CEOなどが説明した。2019年9月に日本で承認された、低酸素誘導因子(HIF)プロリン水酸化酵素(PH)阻害薬の「エベレンゾ」(ロキサデュスタット)については、現在薬価について交渉を進めているという。【訂正】エベレンゾの化学療法に伴う貧血を対象としたフェーズIIについては、開発地域は公開されていませんでした。訂正いたします。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)