田辺三菱、ラジカヴァ経口剤は2021年度にも米国発売へ

 田辺三菱製薬は2019年10月30日、2020年3月期第2四半期の連結決算(IFRS)を発表した。売上収益は前年同期に比べて10.3%減の1881億円、コア営業利益は66.1%も減って116億円に落ち込んだ。大幅な減収減益となったものの、季節性インフルエンザのワクチンであるMT-2271はカナダで承認申請するなど研究開発では幾つか進展があった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)