米Mirati Therapeutics社は、2019年10月28日、KRAS G12C阻害薬MRTX849について、KRAS G12C変異陽性の固形腫瘍の患者を対象とするフェーズI/IIから、臨床的な結果を初めて発表した。MRTX849は、非小細胞肺癌(NSCLC)や大腸癌の患者を含む対象において、奏効率などで抗腫瘍効果を示した。最大耐用量(MTD)は同定されていないが、用量拡大の検討が進行中で、患者登録は継続されている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)