癌と炎症性疾患に対する、低分子薬を開発している米RAPT Therapeutics社(旧FLX Bio社)は、2019年10月23日、経口投与が可能な、CCR4のアンタゴニストであるRPT193のフェーズIを開始したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)