米Texas大学Health Science Centerの研究者らは、マウスモデルを用いた実験で、性別に関わり無く、過剰な脂肪の摂取が肝細胞核内因子(HNF4α)の機能の阻害を通じ、肝細胞癌発症リスクを上昇させることを示唆する結果を、2019年10月1日、Cancer Research誌のオンライン版に論文発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)