政府のゲノム医療協議会(議長=和泉洋人内閣官房健康・医療戦略室長)は2019年10月23日に初会合を開き、今年度中に2万8000人分の健常人コントロール群を構築する他、スパコン解析や人材育成などの基盤整備を実施すること、癌について患者の全ゲノム解析を行うための実行計画を12月に策定することなどを決めた。医療分野の研究開発関連の調整費を活用してゲノム医療を推進する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)