産学官連携シンポ、日本の再生医療は新法下の「第3種×治療」が大部分

 日本再生医療学会(JARM)、日本再生医療イノベーションフォーラム(FIRM)、ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J)は、2019年10月23日、都内で「第4回再生医療産学官連携シンポジウム」を開催し、複数の専門家が登壇した。その中で、再生医療新法に基づく再生医療等の提供状況や美容医療領域の再生医療の実態が明らかになった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)