大塚製薬、「ボディメンテ」のB240乳酸菌でスギ花粉対策

 大塚製薬ニュートラシューティカルズ事業部大津栄養製品研究所は、植物由来の乳酸菌B240(Lactobacillus pentosus ONRICb0240)の死菌の摂取が、スギ花粉が原因のアレルギー症状の緩和に役立つことを確認し、高知大学で開催された日本花粉学会第60回大会で2019年10月12日に発表した。2018年秋から実施したヒト介入試験の成果。実施場所は、NPO日本健康増進支援機構(和歌山市、代表者:榎本雅夫理事長)が和歌山県有田郡有田川町に04年に設置した日本初の花粉曝露室「EEU WAKAYAMA」だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)