アサヒ飲料は、清涼飲料水中に配合された乳酸菌(死菌)の菌株を判別できる手法RNA-MLSA法を開発し、機能性表示食品の届け出に活用している。食品の健康機能を表示できる機能性表示食品の制度では、製品の品質保持を担保する分析法の届け出も重要な要素だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)