米Thermo社、クライオ電顕はエントリーモデルなど製品幅を拡充へ

 世界最大級の機器・試薬メーカーである米Thermo Fisher Scientific社は、企業買収により、クライオ電子顕微鏡、医薬品開発製造受託事業などへ事業拡大を続けている。2018年、同社の売上高は243億5800万ドル(約2兆6500億円)に上る。2019年9月24日、同社のMark P. Stevenson取締役副社長兼最高執行責任者(COO)が本誌の取材に応じた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)