ドイツAbalos Therapeutics社は2019年10月15日、シリーズAラウンドで1200万ユーロ(約15億円)を調達したと発表した。癌細胞内に優先的に感染して増殖するアレナウイルスを用いた癌免疫ウイルス療法の臨床入りを目指し、開発を加速する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)