厚労省、癌の全ゲノム解析等の実行計画の年内策定へ向けて初会合

 厚生労働省は、2019年10月16日、第1回がんに関する全ゲノム解析等の推進に関する部会(座長:静岡県立静岡がんセンターの山口建総長)を開催した。同部会は、癌や難病等のゲノム医療を推進するという政府の方針を受けて発足したもので、別途立ち上がった、難病に関するゲノム医療の推進に関する検討会(座長:国立精神・神経医療研究センターの水澤英洋理事長)と並行して議論を進め、2019年12月中に実行計画を取りまとめる予定だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)