米Reata Pharmaceuticals社は2019年10月10日、米AbbVie社に導出していた転写因子Nrf2活性化薬のライセンスを再取得すると発表した。AbbVie社が米国以外で保有していたbardoxolone methyl、omaveloxolone、並びに他のNrf2活性化薬の開発・製造・商用化権を現金で買い戻す。協和キリンに導出したbardoxoloneの日本を含むアジアでのライセンスには影響しない。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)