CEATEC 2019

6年ぶりに出展したSONYがブースを壁で覆ったワケ

1億円を超えるセルアナライザーは44種類以上の蛍光色素で分析可能
(2019.10.15 08:00)1pt
坂田亮太郎

 ITやエレクトロニクス分野の最新技術や新製品を発表する国際展示会「CEATEC 2019」が幕張メッセ(千葉県)で10月15日から18日まで開催された。20回目を迎えたCEATECの目玉は5G(第5世代移動通信システム)やロボット、そしてVR(仮想現実)を使ったゲームなどだ。そのCEATECに6年ぶりに出展したSONYのブースには、新型ゲーム機「プレイステーション5」も無ければスマートフォン「Xperia」も展示されていない。まるで「お化け屋敷」のように周囲を壁で覆ったブースに並べられているのは、医療とライフサイエンス分野向けの機器ばかりだ。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「多様化する核酸医薬のモダリティ」
    2019年11月21日(木)開催!核酸医薬の研究開発が世界的に本格化。モダリティの多様化も進んでいる。日本発の核酸医薬が、果たして世界市場で存在感を示すことはできるかーー。その可能性を探る。
  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧