独Bayerと理研鼎業が創薬で連携

 ドイツBayer社は2019年10月8日、理化学研究所の研究成果を社会還元するための産学連携業務を担う理研鼎業(埼玉県和光市)とパートナーシップ契約を締結した。2019年9月に設立した理研鼎業にとって第1号の契約となる。Bayer社のオープンイノベーション&デジタルテクノロジー担当シニアバイスプレジデントのKarl Ziegelbauer(カール・ツィーゲルバウアー)氏に、提携の狙いを聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)