独Bayerと理研鼎業が創薬で連携

「理研にはバイオ以外の基礎研究力にも期待」
(2019.10.11 08:00)1pt
野村和博

 ドイツBayer社は2019年10月8日、理化学研究所の研究成果を社会還元するための産学連携業務を担う理研鼎業(埼玉県和光市)とパートナーシップ契約を締結した。2019年9月に設立した理研鼎業にとって第1号の契約となる。Bayer社のオープンイノベーション&デジタルテクノロジー担当シニアバイスプレジデントのKarl Ziegelbauer(カール・ツィーゲルバウアー)氏に、提携の狙いを聞いた。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧