2019年のノーベル生理学・医学賞は経口腎性貧血治療薬につながった研究

 ノーベル財団は2019年10月7日、米Dana-Farber Cancer Institute/米Harvard Medical SchoolのWilliam G. Kaelin, Jr氏、米Johns Hopkins University School of MedicineのGregg L. Semenza氏、英University of OxfordのPeter J. Ratcliffe氏の3人を2019年のノーベル生理学・医学賞の受賞者に選んだと発表した。3人は2016年のラスカー賞の受賞メンバーでもある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)