ノーベル生理学・医学賞、細胞の酸素感知・応答機構解明した米英の3氏へ

 ノーベル財団は2019年10月7日、2019年のノーベル生理学・医学賞の受賞者に、細胞が酸素レベルを感知し、応答する機構を解明した米国と英国の研究者3人を選んだと発表した。2018年にノーベル生理学・医学賞を受賞した京都大学高等研究院特別教授の本庶佑氏に続く、日本人の連続受賞はならなかった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)