カナダAlberta大学のKhaled Barakat氏らの研究チームは、現在開発中の有望なPD1/PD-L1阻害薬について、in vitroでの特性を体系的にプロファイリングし、その詳細データを公開した。次世代のPD1/PD-L1阻害薬を創出する上で利用価値の高いデータが、2019年8月27日のScientific Reports誌オンライン版に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)