癌に対するT細胞受容体(TCR)T細胞療法(TCR療法)の開発を進めている英Adaptimmune Therapeutics社は、2019年9月30日、滑膜肉腫を対象とした癌抗原MAGE-A4を標的とするTCR療法であるSPEAR T細胞(開発番号:ADP-A2M4)のフェーズIの中間解析で好ましいデータが得られたと明らかにした。米Washington大学St.Louis校のBrian van Tine氏が、スペインで開催された欧州臨床腫瘍学会(ESMO)で発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)