米Moderna社、米Harvard UnivとmRNA免疫療法の共同研究契約

免疫学の基礎研究を推進するイニシアチブを立ち上げ
(2019.10.08 08:00)1pt
川又総江

 米Moderna社は2019年9月26日、Harvard Universityと免疫疾患を対象とする新規治療法を開発するための複数年の共同研究契約を締結したと発表した。同契約に伴い、Moderna社はHarvard Medical School(HMS)と共に免疫学の基礎研究を推進するイニシアチブ「Alliance for RNA Therapies for the Modulation of the Immune System(ARTiMIS)」を立ち上げることを明らかにした。同日、HMSの免疫学部門とModerna社がARTiMIS発足のシンポジウムを開催した。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「次世代抗体技術の最前線」
    2020年5月22日(金)開催!次世代の抗体医薬を創出するプラットフォームとなり得る最先端技術を、その当事者が詳説。中でも、いま注目は、ラクダ科動物由来の低分子抗体VHHだ。当セミナーで、その可能性を浮き彫りに。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧