明治からスピンアウトのキュラディムファーマが解散

 Meiji Seika ファルマからスピンアウトして設立した創薬ベンチャーのキュラディムファーマ(東京・千代田、内ヶ崎哲社長)が2019年9月30日に解散したことが分かった。多発性硬化症の治療薬候補化合物のフェーズIで、既存薬を上回る安全性データが得られなかったため。同社では「治験の失敗により事業の継続が難しくなった」と説明している。官民ファンドで産業革新機構から派生したINCJが累積19億円を投資していたが、今回の決定を受け支援を終了する。詳細は続報する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)