厚労省と消費者庁がゲノム編集食品の取扱いを通知

 2019年10月から、ゲノム編集食品の届け出の受け付けが始まる。2019年9月19日、厚生労働省は大臣官房生活衛生・食品安全審議官が決定した「ゲノム編集技術応用食品及び添加物の食品衛生上の取扱要領」を、消費者庁は「ゲノム編集技術応用食品の表示に係る考え方」をそれぞれ通知・公表した。厚労省は食品の安全性を、消費者庁は食品の表示を担当している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)