福岡大福田氏、A-to-I RNA編集誘導する核酸医薬の基盤技術を開発中

 「RNA編集」と呼ばれる生体内の仕組みを転用し、標的とするpre-mRNAやmRNAを改変して疾患を治療する新たな核酸医薬が実用化できるのではないか――。核酸医薬の新たなモダリティとして、RNA編集に注目が集まっている。国内でRNA編集やその医療応用などについて研究を手掛ける福岡大学理学部化学科の福田将虎准教授が、2019年9月9日、本誌の取材に応じた。

【セミナー告知】11/21開催「多様化する核酸医薬のモダリティ」
アンチセンス、siRNA、RNA編集、ゲノム編集と多様化する核酸医薬について専門家が登壇!

開催:2019年11月21日(木) 13:00~17:30 (開場12:30)予定

会場:AP 日本橋(東京・日本橋)

詳しくはこちらをご覧ください → https://nkbp.jp/2AQpuZA


この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)