特集連動◎核酸医薬、国内製薬トップ11社が研究に着手

武田薬品、アンチセンスやsiRNAの基盤活用し神経疾患で核酸医薬に注力

(2019.09.24 08:00)1pt
久保田文

 武田薬品工業において、核酸医薬の創薬研究がスタートしたのは13年前から。これまで構築してきたアンチセンスの創薬基盤技術に加え、米Alnylam Pharmaceuticals社との提携で手に入れたsiRNAの創薬基盤技術などを活用し、神経疾患領域での核酸医薬の創製に力を入れている。2019年9月10日、ニューロサイエンス創薬ユニットドラッグディスカバリーケミストリー研究所の吉田雅都リサーチマネジャーと、ニューロサイエンス創薬ユニットイノベーティブバイオロジー研究所の宮田健一主席研究員が本誌の取材に応じた。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧