米Cold Spring Harbor Laboratory(CSHL)のJason Sheltzer氏らは、臨床段階または前臨床段階にまで開発が進んでいる10品目の癌治療薬候補の標的とされている蛋白質が、抗腫瘍効果とは無関係であり、真の標的は別にあり、さらに、それら治療薬候補の作用はオフターゲット効果によるものであることを示唆した。詳細は、Science Translational Medicine誌2019年9月11日号に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)