島津製作所など8社、実験の再現性と正確性を高めるラボを共同開発

 島津製作所は2019年9月9日、同社が6月に新設した研究開発棟「ヘルスケアR&Dセンター」内に理想的な実験環境を目指す「COTO LABOコンソーシアム」が入居したと発表した。COTO LABOコンソーシアムは、ライフサイエンス分野における実験操作の再現性や正確性を高めるための新しいシステムだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)