農研機構、「シャインマスカット」に続き「巨峰」も

 農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)果樹茶業研究部門品種育成研究領域遺伝資源ユニットの中島育子上級研究員らは、ブドウ品種のゲノムに先に入り込んでいるレトロトランスポゾン遺伝子を、ゲノム編集技術で除去する技術を、ブドウ品種の果皮着色の改変・改善に活用する研究を進めている。京都市で開かれた第37回日本植物細胞分子生物学会大会で、成果の一部を発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)