印刷する

閉じる

農水省2020年度予算、ゲノム編集で2.8倍の2億8000万円を要求

花持ちが良く省力栽培に適したリンドウを岩手生工研が開発
(2019.09.11 08:00)1pt
河田孝雄

 農林水産省の2020年度予算概算要求で農林水産技術会議は、次世代育種・健康増進プロジェクトの1つと位置付ける「ゲノム編集技術を活用した農作物品種・育種素材の開発」において、2019年度予算比2.8倍の2億8000万円の要求を盛り込んだ。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み