田辺三菱製薬の三津家社長、「コラテジェンは3年で120例目標」

(2019.09.10 08:00)1pt
野村和博

 バイオベンチャーのアンジェスは2019年9月9日、HGF遺伝子治療薬「コラテジェン」の記者説明会を開催した。販売を担当する田辺三菱製薬の三津家正之社長は、再生医療等製品としての本承認に向けた使用成績比較調査について、「投与患者120例は3年ほどかけて集めたい」と述べた。コラテジェンは全例が同調査に登録されるため、全投与例でも年間40例ほどにとどまるのと同義だ。収益化には、米国市場や適応拡大への展開が急務となる。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧